--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.19

ヴォル・ドラゴン3分クッキング

●はじめに

今回ご紹介するレシピは、メインクラス:ガンナー、サブクラス:レンジャーのものとなっております。
メインクラスをレンジャーでやりたい場合は、
ラムダアレスヴィスのような攻撃力の高い全クラスで装備可能なツインマシンガンを用意してください。
また、今回はソロでの調理を想定しています。パーティープレイ時には別のレシピをご参照ください。


●部位破壊について

ヴォル・ドラゴンは頭部の角、背中の角、尻尾、顔面の4箇所が破壊可能です。
どの部分も破壊するとのけぞり、わずかですが隙が生まれます。
一般的には部位破壊をするとアイテムドロップが増えるようですが、顔面の破壊ではアイテムは増えないようです。


●使用するもの

ツインマシンガン(攻撃力が高いものがいいです)
アサルトライフル(ウィークバレットを貼るためだけなので攻撃力はあまり関係ありません)
レンジャーのスキル:ウィークバレット(クールタイムや装填数の関係上、最大振り推奨です)
ツインマシンガンのフォトンアーツ:エルダーリベリオン
お好みでチェイントリガー等の火力向上スキルもあると尚良いですね。


●下ごしらえ

火山自由探索クエスト等、次のフロアにヴォル・ドラゴンがいる場合にはエリア3に入る前にスキル:ウィークバレットを使用しておきましょう。
そうすることでスキル再使用のクールタイムが短くなり、より楽に調理ができます。


●調理の流れ

ボスエリアに侵入すると登場ムービーが流れ、ヴォル・ドラゴンとの戦闘が始まります。
ますはウィークバレットを部位破壊可能箇所である頭部の角に貼り付けます。
この時、不意に相手が動いてターゲット位置が別の部位にならないように、撃つ前に角をターゲットロックしておくとより確実です。
また、相手の攻撃モーションの硬直中を狙うと、より安定します。
例として、炎のブレス攻撃の後の硬直、プレイヤーの足元から炎を出す攻撃の後の硬直等ですね。

頭部の角にウィークバレットを貼ったら、武器をツインマシンガンに持ち替え、通常攻撃から、ジャストアタックでエルダーリベリオンを撃ち込みます。
充分な火力がある場合、エルダーリベリオンを3回も使えば破壊が可能だと思います。

頭部の角を破壊したら次は尻尾の破壊へ移ります。
先ほどの手順と似た流れになりますが、今回はウィークバレットを使いません。
その理由は尻尾部分が他の破壊可能部位と違って耐久力が低く、エルダーリベリオン2セットほどで破壊可能であることと、尻尾の後に破壊する背中の角にウィークバレットを使うので、ここで使うわけにはいかないからです。

尻尾を破壊したら次は背中の角の破壊です。
尻尾を破壊した時、ヴォル・ドラゴンはのけぞり、短時間ダウンします。
このタイミングが背中の角をターゲットロックする絶好の機会となりますので、チャンスを逃さないようにしてください。

尻尾を破壊されたヴォル・ドラゴンは壊れた尻尾を再生するために一定時間身動きを取らず、隙だらけになります。
更に、再生中に他の部位を壊してのけぞらせることで再生を中断させ、再開しても再生は最初からとなるため、長時間隙を晒してくれます。

背中の角をロックしたら、その部位にウィークバレットを貼り付けます。
そうしたらツインマシンガンでエルダーリベリオンを撃ち、破壊してしまいましょう。
この時にヴォル・ドラゴンが尻尾の再生を終えていない場合、のけぞりによって尻尾再生がやり直しになり、無防備な時間が長くなります。

続いて顔面の破壊をします。
上で述べた通り、この部位は破壊することでドロップアイテムが増えたりはしないのですが、破壊後の隙が生まれるのは他の部位と同様です。
また、ここで生まれたのけぞりも尻尾再生を最初からやり直させるため、無防備な時間が更に伸びます。

いよいよ仕上げです。
破壊可能部位をすべて壊した時、ヴォル・ドラゴンはもう虫の息です。一思いに殺してあげましょう。
尻尾再生がまだ続いている場合はここでチェイントリガーで華麗に決めるといいかもしれませんね。


●おまけ

尻尾を破壊する時にウィークバレットのクールタイムが長い場合は後の事を考え、先に背中の角にダメージを入れながら時間を潰すのもいいと思います。

尻尾を破壊した際、ダウンせずにのけぞるだけの場合もあるのですが、その時はヴォル・ドラゴンの後ろから近づき、背中付近に近付いた所でジャンプしながらロックを試みることで成功しやすくなります。
その他にも地中から出てきた瞬間や飛び上がったあとの着地の瞬間等、ロックしやすいタイミングはいくつか存在しているようです。
どうしてもロックが難しい場合、ロックせずに肩越し視点に切り替えて狙うという方法もあります。
普段は狙うのが難しいこの操作モードですが、ヴォル・ドラゴンは尻尾を破壊された後、その部分を再生するために尻尾を地中の溶岩に潜らせ、身動きしなくなるため意外と簡単に背中を狙うことが可能です。


●おわりに

このレシピは自己流であり、最適化が足りない箇所があるかも知れませんが、ソロでのヴォル・ドラゴン撃破は慣れるとすごく簡単です。
ヴォル・ソールやフランカのオーダー品は金策にもなりますし、暇つぶしにもおすすめですよ。
この機会に、是非あなたもヴォル・ドラゴンクッキングを!
関連記事
この記事へのトラックバックURL
http://pso2mahiro.blog.fc2.com/tb.php/6-51eec9df
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
もしチームに新規さんが入ったら、そのまま見せられる記事だね。
ターゲットはRaだけど、ヴォルドラゴンの隙とかも分かりやすく書いてあるし。

全職万遍無く手を付けてるし、引出し多そう。
Posted by 霜月 at 2013.04.22 20:03 | 編集
こんなネタ記事を新規の人に見せてはいけない(戒め)
全クラスやってるのは飽きっぽい性格だからねー。
特定のクラスばっかりやってるのもこだりがあるみたいで格好良いと思う。
Posted by 茉尋 at 2013.04.22 22:18 | 編集
レンジャー始めた頃、こんな顔の( ̄L ̄
鬼教官に「そんなんじゃ駄目だ!」言われながらヴォルドラゴンやっつけに行ったの思い出したよ
ウィークバレット上手く貼れるときもちいいよね
Posted by みー at 2013.04.24 08:23 | 編集
彼には自分もTAについて教わった事あるなあ。
ウィークバレットがRaの最大の活躍の場って感じだから、うまいことやりたいよね。
Posted by 茉尋 at 2013.04.24 12:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。